マルチセル・バッテリ管理を、Arduino互換ボードとUART経由でやってみた

UART経由でバッテリ管理

QuickEvalは、LTC6811に対してグラフィカルな環境を提供してくれましたが、実際に組み込みシステムや車載機器では、自動的に処理をしてもらいたいもの。今回の実験では、この操作をLinduino(Arduino互換のマイコンボード)を使って、UART経由でバッテリ管理をしてみます。

使用するソフトウェア

ここからスケッチのライブラリをダウンロード。

ビルドのための準備

デバイスを選択して、スケッチを開く。そのままビルドしても、パスを見つけられないので、ヘッダーファイルがあるフォルダをそれぞれ指定後、ビルド。

ソースコード変更箇所

ソースコード中の上限下限値を変更して、再度ビルド。

トライ

上限値を超えたセルに対して、ディスチャージの指定を行う。

UARTコマンドオペレーション

  • 2 Read Configurationコンフィグレーションレジスタを読み込みます。
  • ビルド時に、上限下限の電圧値を指定しているので、9 Loop measuramentを実行します。
  • 表示中に、「」キーを入力すると、ループを抜けて、コマンド待ちになります。
  • 13 Set DIschargeを指定すると、どの番号のセル「Spin Number」を聞かれるので、該当するセル番号を指定します。
  • 再び、9 Loop Measurementを実行すると、該当するセルの電圧値が低下していくことがわかります。
  • 14 Clear Dischargeを実行すると、Dischargeが中止されます。

ざっくりまとめると

  1. Linduinoから直接LTC6811を制御した。
  2. バッテリの上限・下限を指定してビルドした。
  3. LinduinoからUART経由で、バッテリセルの状態を取得した。
  4. 指定したセルバッテリを、ディスチャージした。