DCブラシレスモータを極める!パラメータの測り方も解説!

DCブラシレスモータを回すために、こんなことやってみました。

DCブラシレスモータを使用するためのソフトウェアである「TinyWizard」で極数やインダクタ、PWMの設定などを行います。「MCE Designer」は、モータを滑らかに回すための設定や、アプリケーションに近いモータ制御を行います。

TinyWizardで、パラメータを計測するポイント

極数の計測方法 [Motor Poles]

オシロスコープなどを使用して、モータを1回転させた時の波形数を測ります。(例:+側に4つ、−側に4つあれば、極数は8)

インダクタの計測方法 [Motor Lq/Ld Inductance]

LCRメータで、2つの相間を計測する。計測値は2つの相の合算値のため、半分にした値をパラメータとして用いる。(例 220mHとなった場合は、各相は110mH)

逆起電力の求め方 [Motor Back EMF Constant]

低速で1回転させた時の電圧と、高速で1回転させた時の電圧の比を設定します。(例えば、低速時2V、高速時8Vなら「4」を設定)

モータドライバボードの設定ポイント

Motor Rated Amps

今回は、ボードが1Aまでの対応なので、0.6Armsにしています。

Op-AmpのInverting

今回は、Non-Invertingで使用しています。

ドライバのDC Bus Sensing High/Low Register

今回は、High側2M Ohm / Low側 4.87K Ohmで設定しています。

シャント抵抗

今回は、250m Ohmで設定しています。

今回使用した機材

今回使用したツール

ざっくりまとめると...

  • Tiny Wizardの使い方を紹介
  • MCE Designerの使い方を紹介
  • オシロを使って、極数の測り方を紹介
  • LCRメータを使って、インダクタの測り方を紹介