USB-UART変換などを使って、開発期間短縮を検討してみた

シリコンラボのUSB変換デバイス3種で、かんたんなデモを作ってみた

USB-UART変換

USB-UART変換デバイスであるCP210xシリーズは、評価ボードの形状も様々。すでに色々なArmマイコンの評価ボードにも搭載されており、USBを使用した仮想COMポートとして活躍しています。

USB-UARTは、組み込みエンジニアにもお馴染みのデバイスであり、シリアル経由のファームウェアの書き込みなど、用途は多く、欠かせないデバイスの一つです。シリコンラボでは、このような便利なデバイスをCP2102N-EK、CP2102N-MINIEK、UARTが2ch扱えるCP2105-EKの3種類用意しています。

USB Type-C PD

MacBookや最新スマホでお馴染みのUSB Type-C。まだまだmicroUSBの座を奪うには時間がかかりそうですが、少しづつ対応製品は増えてきています。大電流を扱うことができるType-C PD。今から備えておけば、急な対応にも迷うことはありません。

USB-I2S変換

USB-I2S変換は、主にリモコンやAudioアクセサリとして注目されています。44.1KHz/48KHzで24bitまで対応しているので、一般的なAudio機器にも十分な対応ができます。DTMなどのUSBアクセサリなどに活用もできそうです。

このような製品は、ArmマイコンとUSBスタックを使用して作ることも可能です。しかし、目的や用途がはっきりしていれば、このような便利なデバイスを選択することで、開発期間の短縮を図ることができるのではないでしょうか?簡単なカスタマイズする方法も資料にありますので、是非一度、触ってみてください。

USBXpress USB 接続ブリッジ

ざっくりいうと

  • USB-UARTで双方向シリアル通信をしてみた。
  • USB Type-C PDで充電してみた。
  • USB-I2Sを、スマホのオーディオアクセサリとして使ってみた。