マルチプロトコルとは?ZigbeeとBLEを同時に使うダイナミック・マルチプロトコルを紹介

ダイナミック・マルチプロトコルとは?

シリコンラボの「ダイナミック・マルチプロトコル接続」は、2.4GHz帯の無線プロトコル「Zigbee」と「Bluetooth」、「Beacon」を活用した新しい接続方法です。

これまでは、それぞれの無線プロトコルを動かすだけでしたが、無線技術やSoC性能の向上により、2つの無線通信のIDLE時間を利用して、プロトコルをダイナミックに切り替えられるようにした技術です。Zigbeeのメッシュ技術を生かしつつ、スマホへのダイレクトな接続もサポートする「ダイナミック・マルチプロトコル接続」。SoCワンチップで実現しているのでもちろん低消費電力。IoTアプリケーションとして、今後注目すべき製品と技術です。

Wireless Geckoアプリ

動画の中では、シリコンラボのAndroid用アプリ「Wireless Geckoアプリ」を使用して、Bluetooth、Zigbee、Beaconのデモ動作を紹介しています。新しくなったMighty Geckoシリーズのボード(SLWSTK6000B)を使用して、デモアプリの動きを実際に体感してください。

アプリ画面の遷移

図1

図1

  1. Bluetoothでマスターに設定しているWLSTK600Bに接続。もう一つのWLSTK600Bは、Zigbeeで接続。(上段左)
  2. Lighは消灯(上段中)
  3. BluetoothでLightを点灯(上段右)
  4. ZigbeeでLightを点灯(下段左)
  5. Beaconを確認(iBeaconがiOS用 / EddyStoneがAndroid用)(下段中)

参考リンク

Wireless Geckoアプリ
シリコンラボのマルチプロトコルについて
SLWSTK6000B

ざっくりいうと

  • ZigbeeでLEDのON/OFFをした
  • BluetoothでLEDのON/OFFをした
  • iOS用とAndroidのBeaconを確認した